【ジョンヒョン|SHINee】ソロ曲のオススメと性格は?天才たる所以とは?

スポンサードリンク

SHINeeジョンヒョンはどの様な人物でしょうか?彼のソロ曲の中からオススメを紹介します。また、ジョンヒョンの性格や歌唱力、天才たる所以についてもご紹介します。

推しの韓国語を聞き取れるようになりたい
ハングルを読めるようになりたい

と思ったらこちらをクリック
>>>550円で韓国語をマスターできる方法とは?

SHINeeの各メンバーのプロフィールは以下からご覧ください。

KEY オニュ ジョンヒョン
テミン ミノ SHINee
日本語曲 見分け方 ハングル表記

SHINeeのジョンヒョンとは?

それではまずSHINeeのジョンヒョンのプロフィールから紹介しますね。

名前ジョンヒョン
종현
Jonghyun
本名キム・ジョンヒョン
김종현
Kim Jonghyun
誕生日1990年4月8日(西暦)
出身地ソウル特別市
身長・血液型173cm・AB型
所属事務所SMエンタテインメント
ポジションメインボーカル
所属グループSHINee

SHINeeは、2008年にデビューした男性アイドルグループです。SHINeeとは、「光る・輝く」を意味する「shine」に接尾辞(~する人)の「ee」を組み合わせた造語です。コンテンポラリーバンドというコンセプトのもと5人でデビューしました。

ジョンヒョンのニックネームは、ブリンブリン(キラキラの意味)、恐竜、ジャモン(グレープフルーツの意味)。

特技は、作詞・作曲、中国語、日本語。

趣味は、映画鑑賞、アロマキャンドル収集、LP盤収集。

ジョンヒョンは、メインボーカルを務めていました。・・・過去形で書いたのは、2017年12月18日に残念ながら亡くなったからです。あの日、あのニュースを聞いて私の頭は真っ白になりました。そして、何かの間違いだと信じてソウルに住む韓国人の友達に連絡し聞きました。やはり本当のニュースであることが分かり、私はそこからしばらく泣いて生活するようになりました。でも、数日経ちそれではジョンヒョンが悲しむと思い泣くのはやめました。それでも、彼の姿を見たり歌声を聞くのは辛かったです。3年以上が経ち、やっと彼のことを振り返ることが出来るようになりました。


それでは、ジョンヒョンのソロ曲でオススメを紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国語を本当に550円で学べるの?韓国語は上達するの?
K Villageに通った感想と評判はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

K Villageはオンラインレッスンもあり!

SHINeeのジョンヒョンのオススメのソロ曲は?

ジョンヒョンのオススメのソロ曲は何と言っても「우린 봄이 오기 전에/Before Our Spring/僕らは春が来る前に」です。 「POET|ARTIST」というアルバムに収録されています。タイトルを見たときには、春生まれのジョンヒョンが、春の訪れの嬉しさを歌にしたのだと思いました。でも、歌詞を聞いてみるとジョンヒョンにとっては春の訪れが冬の厳しい寒さや悲しさを溶かすものではなかったのかもしれません。少し切ない曲です。

他にオススメするとしたら同じアルバムの中からですが「어떤 기분이 들까/I’m So Curious/どんな気分が沸くだろう 」です。こちらは、Theジョンヒョンという感じがする歌です。心地よいメロディーにジョンヒョンの歌声が合わさりとても綺麗に聞こえます。歌詞もセクシーな恋愛を書いていてドキッとしてしまいます!

また2012年『シティーハンターin seoul』のオリジナルサウンドトラックに入っている「So Goodbye」も好きですね。ドラマのOSTとして使われました。「난 네가 필요해 /ナン ニガ ピリョヘ/君が必要なんだ」という部分が特に好きで繰り返し聞いていた記憶があります。

ジョンヒョンのソロアルバム

  • BASE(2015年)
  • The Collection: Story Op.1(2015年)
  • 좋아 (She is)(2016年)
  • The Collection “이야기(Story) Op.2(2017年) 
  • Poet|Artist(2018年)


さて、ジョンヒョンはどんな性格なのかをエピソードを交えてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

SHINeeのジョンヒョンの性格とエピソードは?

ジョンヒョンの性格を表すエピソードですが・・・コンサート初日、最終日、記念日、受賞した時、誕生日のサプライズの時は必ずといったほど泣くそうですよ。『Juliette』で一位になった時は、話せなくなるくらい泣いてしまい、メンバーがそんなジョンヒョンを抱きしめたそうです。

一見男らしい顔立ち・たくましい体で強い男性のイメージがありますが、ジョンヒョンはグループ1「涙もろい」と言われています。

リーダーのオニュが練習生時代を振り返りジョンヒョンについて「ジョンヒョンは初めて会った時、色々教えてくれました。レッスン室の場所から使い方、誰に何を言ったらいいかまで本当に細かく親切に教えてくれました。だから、『親切なヤツだなぁ』という印象です。」と話した事があります。

ジョンヒョンは関わってきた人をほんとに大切にされていたようです。それにメンバーからも優しい人として名前があげられることもあるくらい優しい人だったんですよ。


ここで、ジョンヒョンの魅力についてお話させてもらいますね。

スポンサードリンク

SHINeeのジョンヒョンの魅力とは?

ジョンヒョンの魅力は、本当に多才なことです。SHINeeのメンバーであり、作詞・作曲もします。小説も書きましたね。何と言っても、K-POPのアーティストの中でも他に一線を画すボーカリストです。ただ歌が上手いという事だけでなく、幅広い音域・声の質感・情感・声量・表現力などの能力も抜群に高いです。これらをすべてコントロールできる歌手はなかなかいませんよね。

ジョンヒョンは、まさに「アーティスト」「音楽家」という天性の才能があると感じます。その才能は「BASE」に全て表れていると感じました。ダンスミュージック、R&B、ヒーリングを感じさせる様々な曲を歌い上げています。

さらにラッパーやR&Bミュージシャンとフィーチャリングし、ミュージシャンの良さを最大限に活かしながらも、そこにジョンヒョンの歌声を重ねているという歌い方をしています。ジョンヒョンはSHINeeの中でも断トツの歌唱力を持っていましたが、その才能が発揮されたアルバムとなったと感じました。

また、ジョンヒョンの死後発売されたミニアルバムPoet | Artistは2018年のビルボード「今年のベストK-POPアルバム20」で2位に選ばれ、韓国でも2019年に行われた「第33回ゴールデンディスクアワード」のアルバム部門で本賞を受賞しました。

この授賞式にはジョンヒョンの代わりにミノとテミンが出席しました。ミノはファンへの感謝を伝えるとともに「誰よりも音楽とステージを愛したジョンヒョン兄さんをずっと記憶してほしい」と語りました。


そんなジョンヒョンのハングル表記はどう書くのでしょうか?

スポンサードリンク

SHINeeのジョンヒョンのハングル表記は?

ジョンヒョンくんのハングル表記はこのように書きます。

종현

ジョンヒョンの本名はキムジョンヒョン。韓国語では김종현ですね。漢字では金鍾鉉と表記します

ジョンヒョンは、よく犬みたいだと言われ私も同感でした。ジョンヒョンは、ルーという名前の犬(女の子)を飼っていました・・・飼い主も可愛い犬じゃん!と密かに思っていました。

本人も自分は「犬」と答えていましたね。


最後にジョンヒョンの、天才たる所以について語らせてもらいます。

SHINeeのジョンヒョンの天才たる所以とは?

SHINeeのジョンヒョンですが、彼の書く歌詞は何と言っても言い切れない素晴らしさがあるのではないでしょうか。

ジョンヒョンの書く歌詞は、自分へのネガティブな感情があっても相手を否定することはなく、綺麗事をただ並べるのとも違います。歌詞を見たり歌声を聞くと、ジョンヒョンがとても繊細で、誰より優しい気持ちを持っているのだと思います。

また、誰より音楽に対する愛が深かったのだとも思います。この記事をジョンヒョンの歌を聴きながら書いていますが、私の気持ちにそっと寄り添ってくれるような感じがします。

時間が過ぎてもジョンヒョンがこの世からいなくなってしまった悲しみは消えないしずっと続いていくものだと思います。でも、私のように聴く側の心へそっと寄り添ってくれるような彼の歌声や音楽というものは、今後も私たちファンの大切な宝物として残っていくのだと思います。

 

Push7

Push7
無料
posted withアプリーチ

SHINeeの各メンバーのプロフィールは以下からご覧ください。

KEY オニュ ジョンヒョン
テミン ミノ SHINee
日本語曲 見分け方 ハングル表記

SHINeeジョンヒョンまとめ

SHINeeジョンヒョンは、もうこの世にはいません。でも、音楽を通して私たちの心の中で生き続けてくれています。それにSHINeeは、今までもこれからもジョンヒョンを含めた5人です。時々、メンバーがジョンヒョンのことを話したりジョンヒョンの存在を示すような行動は、ジョンヒョンへの愛情が感じ取れますね。

ポチッと応援お願いしますね。


K-POPランキング

関連記事
カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA