川尻蓮(JO1)の人気の理由と魅力は?歌唱力と韓国での評価とケミは?

川西拓実(JO1)のプロフィール
スポンサードリンク

Produce101JAPANからデビューしたアイドルグループJO1(ジェイオーワン)

オーディションの段階から、高い注目を集めセンターに抜擢されたのが川尻蓮くんです。

その人気の理由や魅力歌唱力はどうなの?韓国での評価は?

JO1の中では誰とケミなの?その詳しいプロフィールについてまとめてみました。

JO1の各メンバーのプロフィールは以下からご覧ください。

大平祥生 川尻蓮 川西拓実
木全翔也 河野純喜 金城碧海
佐藤景瑚 白岩瑠姫 鶴房汐恩
豆原一成 與那城奨 見分け方

川尻蓮(JO1)のプロフィール

さて、早速JO1の川尻蓮くんのプロフィールから紹介していきますね。

名前川尻蓮
本名川尻蓮
Kawashiri ren
生年月日1997年3月2日(西暦)
年齢24歳(2021年3月時)
出身地福岡県
身長・血液型173cm・O型
所属事務所LAPONEエンタテインメント
ポジションメインダンサー、サブボーカル
好きな食べ物チョコレート、フルーツ
嫌いな食べ物たまご、牛乳、カボチャ、豆腐、抹茶

ストイックに練習に打ち込む姿が印象的で、ドッキリを仕掛けても全然驚かない蓮くんは、実はサイボーグなのでは?と噂されたりしていますが、嫌いな食べ物がたくさんあるという人間らしい一面もあるようですね。


そんな川尻蓮くんの人気の理由と魅力に迫ってまいりたいと思います。

スポンサードリンク

配信曲数1位の8,000万曲ダウンロードOK!まずはこちらから無料登録
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
※1ヶ月以内に解約すれば完全無料

川尻蓮(JO1)の人気の理由と魅力は?

川尻蓮(JO1)の人気の理由はダンスパフォーマンスの高さですね。

過去に数々の有名アーティストのバックダンサーとして活躍していただけあって、蓮くんのダンスパフォーマンスはJO1の中でも群を抜いています。

普通にダンスを踊るだけでもプロレベルなのに、かなりの努力家であり毎日練習を欠かさないその真面目な性格が彼の魅力でもあります。

自分の事だけでなくグループのことを一番に考えていて、ダンスが苦手なメンバーにダンスを教えたり、全員の振付を覚えている等、JO1のダンスの先生として全体のバランスを見ることを常に意識しています。

メンバーが嘘の喧嘩をするというドッキリを仕掛けた際には、本気でグループのことを心配して泣いてしまうこともありました。蓮くんはメンバー全員を支える柱であり、JO1の影のリーダーとも言われています


ここで、川尻蓮くんの歌唱力についてもふれたいと思います。

スポンサードリンク

推しの韓国語歌詞を読めるようになりたいならまずはこちらから無料体験申し込み
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


※1レッスン550円から!

川尻蓮(JO1)の歌唱力は?

川尻蓮くんの歌唱力ですが、ダンサーとして活動していた経歴はありますが、ボーカルとしては、ほぼ未経験の様です。

オーディション中のボイストレーニングの様子では普通よりも高い音域が出るようですので、ラップというよりはボーカルに向いているのかもしれませんね。

川尻蓮くんは韓国ではどのような評価なのでしょうか?

スポンサードリンク

川尻蓮(JO1)の韓国での評価は?

JO1の川尻蓮くんの韓国の評価について、確認したところ、Produce101JAPANの頃から高い注目を集めていました。

もともと韓国人に似ていると言われて間違われることが多かった蓮くんですが、韓国からもそのビジュアルとダンス力がが高く評価されており、「どう見ても韓国人のアイドルに見える!本当に日本人なの?」と疑われるほどでした。


最後に、JO1での川尻蓮くんとのケミについて紹介しますね。

スポンサードリンク

川尻蓮とのケミについて

ケミ(コンビ)についてですが、川尻蓮くんはProduce101JAPANの頃から誰とでも仲良くすることが多かったです。ダンスが苦手なメンバーとも打ち解けていますし、いつもニコニコ笑顔でメンバー達から信頼されています。

蓮くんはキツネに似ていることから🦊の絵文字を使われることが多いです。

金城碧海くんはチベットスナギツネに似ていると言われているため

蓮くんと碧海くんが並ぶとチベスナ兄弟と呼ばれているようですね。

JO1の各メンバーのプロフィールは以下からご覧ください。

大平祥生 川尻蓮 川西拓実
木全翔也 河野純喜 金城碧海
佐藤景瑚 白岩瑠姫 鶴房汐恩
豆原一成 與那城奨 見分け方

川尻蓮(JO1)まとめ

川尻蓮くんについてまとめました。

蓮くんはProduce101JAPANの頃から、目立っていて1番注目されている存在でした。しかし落選したメンバーたちは誰一人として蓮くんの悪口を言う人はいなくて、むしろダンスを教えてくれたことに感謝していたり、「蓮くんなら立派にセンターを務めてくれるだろう」という沢山の深い信頼を集めていました。

蓮くんは一緒に練習していた仲間たちが落選する度に、涙を流していました。自分の事よりも周りの人間のために涙を流せる人です。そのため何でも自分一人で抱え込んでしまっていないかと時々心配になるくらいです。

JO1のメンバーたちは「蓮くんに任せっぱなしではいけない」と語っており、蓮くんに負担をかけないように全員でサポートを頑張っています。蓮くんのおかげでダンスが上達したメンバーもたくさんいます。今までストイックに戦ってきた蓮くんにとってJO1はかけがえのない存在ですね。今後も活躍から目が離せません!

ポチッと応援お願いしますね。


K-POPランキング

関連記事
カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA