セブチのIN-COMPLETE(オンラインライブ)のリアタイ感想をレビュー!最高のセトリは?

incomplete(セブチ)のレビュー
スポンサードリンク

2021年1月23日PM18時からSEVENTEEN(セブチ)のIN-COMPLTE(オンライブライブ)が開催されました。

セブチは初めてのオンライブ。実際に見た感想やレビュー。また、気になるライブのセトリやグッズの販売がありましたが再販はあるのか等気になることをまとめました!

「見たかったけど見れなかった!どんな内容だったの?」と気になっている方、ぜひ、気になるところからご覧ください!

セブチのIN-COMPLTE(オンラインライブ)とは?


今回のオンライブの題目『INCOMPLTE』の意味は、不完全な、不十分なという意味。

2021年1月23日にWeverseのサイトから視聴券を購入し、パソコンやスマホで視聴という形でした。

2021年1月23日(土) 18時
Weverse

Amzon Fire Stick等を持っている方はTVで視聴をしていました。

ちなみに筆者はパソコンをHDMLに繋げ、映像もスムーズに見ることができました。

スポンサードリンク

セブチのIN-COMPLTE(オンラインライブ)のレビュー

セブチのIN-COMPLTE(オンラインライブ)のセトリ、レビューを紹介していきますね。

セブチのIN-COMPLTE(オンラインライブ)のセトリがヤバすぎた!

セトリの一覧表がこちらです。

VCR出演者
Intro,New World(新世界)エスクプス、ホシ、ウジ
BRING ITホシ、ウジ
MY Iジュン、ディエイト
Flowerジョンハン、スングァン、ウォヌ、エスクプス
Fear ダンスブレイクディノソロ
Fearジョシュア、ドギョム、ミンギュ、バーノン、ディノ
Fearless全メンバー
VCR
Fallin`Flower(KOR ver)全メンバー
THANKS全メンバー
MC全メンバー
Lie Again全メンバー
Kidult全メンバー
VCR
Back it up!ヒポチ(エスクプス、ウォヌ、ミンギュ、バーノン)
Habitボカチ(ジョンハン、ジョシュア、ウジ、ドギョム、スングァン)
MOON WALKERヒポチ(ジュン、ホシ、ディエイト、ディノ)
AH!LOVE95(エスクプス、ジョンハン、ジョシュア)
Light a Flame96(ジュン、ホシ、ウォヌ、ウジ)
HEY BUDDY97(ミンギュ、ディエイト、ドギョム)
DoReMi98,99(バーノン、スングァン、ディノ)
Snap Shoot全メンバー
Left&Right全メンバー
HOME;RUN全メンバー
MC
Shining Diamond全メンバー
VCR
All MyLove全メンバー
MC
Us,AgainCARAT
MC
My My全メンバー
Campfire全メンバー
Healing全メンバー

セブチのIN-COMPLETE(オンラインライブ)を実際に見た感想レビュー

ここから、実際にIN-COMPLETE(オンラインライブ)を見た感想をレビューしていきますね。

オープニングは『intro,New World』アルバム¨TEEN,AGE¨の1曲目のメロディーだけが収録されていたものでしたが、新たに歌詞をつけリーダーズの3人が歌った事に初めから涙がでそうでした。

2020年の7月3日のVライブでリーダーズが出たときに、ホシがビハインドとして「Change Up」の前に出来ていた曲が『intro、NewWorld』だったと明かしていました。未発表曲を披露してくれたことに初めからテンションが上がります。

続いて、ホシ、ウジの『BRING IT』ダンサーを引き入れ力強く歌いホシの気迫に圧倒されるステージです。
LEDの壁は出現し、雰囲気が一転。ジュンとディエイトのチャイナラインによる『MY I』ディエイトの久しぶりのヘアチェンジに貴公子の様な雰囲気が漂います。

その後もユニットに分かれたパフォーマンスが続き、Fearに変わる前にディノのソロダンス。ディノの繊細な手の動きとダイナミックに動くダンスに魅了されているとジョシュア、ミンギュ、ドギョム、ディノ、バーノンの5人による『Fear』に続きます。

Fearが終わり後ろから残りのメンバーが合流し、全員でダンスブレイクの後『Fearless』へ。ダンサーと合わせた美しい動線と真っ白のスーツにパールが沢山ついた衣装で舞うセブチは王子様でした。左の衣装です。

VCRを挟んだ後、大きな赤い花の後ろから登場し『Fallin‘ Flower(KOR ver)』です。

薄緑とパープルの薄いシルクの様なシャツに黒いパンツの衣装で、優しいふんわりとしたイメージを纏い美しいステージを見せてくれました。後ろのLEDには「舞い落ちる花びら」のPVで使われたセットが映し出されていました。

そして『THANKS』。シンプルなセットに13人が華やかなダンスで色を加えます。

MCに入り、一人づつ挨拶。それぞれ個性のある挨拶で笑いが絶えません。

中でもジョシュアは「ジェントルセクシーです。」と自分の名前を言い忘れてしまうかわいいミス。

次のステージに散歩をしまーすと言いながら移動をし、嘘をついたことがあるかという話になります。

ここでジョンハンがCARATに嘘をついたことがあると発言。

「ヨントン(オンラインサイン会)でCARATから、体調は大丈夫?元気?と聞かれていつも大丈夫だよ。元気だよと答えていましたがそれが嘘です。。本当はCARATに会えなくて心が痛いんです!!!」とかわいい嘘を明かします。

ウォヌが「善意の嘘でしたね。」とまとめたところで『Lie Again』へ。

沢山の丸いライトと客席に付けられたCARAT棒がセブチを照らします。
『Kidult』ではオレンジ色の光に包まれながら、セブチの歌唱力の力をここぞとばかりに見せてくれました。

VCRはボーカル、HIPHOP、パフォーマンスチーム毎の映像が流れます。

そして始まったのがHIPHOPチームの『Back it up!』
エスクプスはスパンコールが付いた黒のジャケットにサングラス、オールバック。ウォヌはボリュームのあるファージャケットにごつめゴールドのチェーンネックレス。ミンギュはゼブラ柄のロングコート。バーノンはモノグラム柄のパンツに黒のジャケットと強めな衣装で登場。
ダンサーを従え、雰囲気がグンと熱くなるステージを繰り広げます。途中ダンスブレイクもあり新しい『Back it up』を見せました。
続いてボーカルチームの『Habit』ツイード生地の白いスーツに身を包んだメンバーが、しっとりと歌いあげますが声のオーケストラと言えるほどハーモニーとメロディが最高のステージです。
最後にパフォーマンスチームの『MOONWALKER』スパンコールが付いた軍服のような衣装で新しく振り付けたダンスを披露。細かい手の動きやダイナミックなダンスで魅せるステージでした。

ステージにジャズクラブが出現。95LINEの『AH!LOVE』。半円形のステージにジョシュア。カウンターの中にはジョンハン。お客さんとしてエスクプスが登場します。3人はスリーピーススーツ。胸元に花のコサージュを差しダンディな雰囲気です。テーブルを回りながら、ジョシュアのいるステージに合流しスタンドマイクで歌いあげました。

次は96LINEのステージ。『Light a Flame』シンプルなステージに白シャツを第3ボタンまで開き、腕まくりをした色気溢れるジュン、ホシ、ウォヌ、ウジが男性ダンサーとSEVENTEENでは見せたことのないセクシーなダンスを繰り広げました。シンプルに見えるダンスでも、身体のしなやかな動きと揃っていることで惹きつけられるステージでした。

カラフルな舞台セットが登場すると97LINEのステージです。『HEY BUDDY』ベッドで寝ているドギョムからバイクに乗って女性ダンサーに花をプレゼントするディエイト、そして部屋でゲームをしているミンギュ。衣装もカラフルでカジュアルな衣装で友達と遊ぶ雰囲気を存分に感じさせてくれる楽しいステージでした。

98,99のマンネLINE。『DoReMi』公園の様なステージにブランコに乗っっている3人が登場。デニムに統一した衣装で可愛い雰囲気です。3人がテントに移動すると、スングァン、バーノン、ディノに似た雰囲気の子供達と一緒に歌います。ディノと一緒に歌っていた子供はやんちゃなのか、何度もマイクを取ろうしていた姿がとても可愛かったです。

ラグジュアリーな雰囲気のVCRが終わると、ローズクォーツ&セレニティ色のスーパーが出現します。
「パーティーの準備をしなきゃ」と話してから、青と黄色をポイントとした衣装の可愛いセブチが登場『Snap Shoot』が始まります。
自由にいろいろなところを動き楽しみながら歌います!
ディエイトがスマホで撮影したものがあります。

ニコニコと楽しんでいる様子が可愛いですよね。

ここから、エスクプスの用意したバスに乗車し隣のステージへ。『Left&Right』を元気いっぱいアレンジをきかせて披露。テンションの高い様子に見ている方も笑顔になるステージです。
流れるように『HOME;RUN』へ。劇場のようなステージにはレースを取り入れた黒のスーツのセブチ。ダンサーもフォーマルな衣装で、ミュージカルのような雰囲気です。ダンスブレイクにはバイオリンを弾くようなダンスもありオンラインコンサートでしか見られないダンスも見ることが出来ました。
最後にはカーテンコールのように、ダンサー達の紹介、lineごとの挨拶などショーの雰囲気を存分に発揮しました。

HOME;RUNの衣装のままMCへ。ここで次のステージに繋がるホシの一言が出ます。「ただの石ころが沢山のCARATに出会い磨かれて美しく輝くダイヤモンドになったんです!」と。熱く語っていた次の曲は。。。

『Shining Diamond』練習生時代から大切にしている曲、CARATも何度聞いても何度見ても沸き立つ曲です。
少年から大人へと成長し、磨かれたセブチを改めて感じるパフォーマンスでした。

実際のオンラインライブの映像です!

ここで一旦幕が閉じ、SEVENTEEN、SEVENTEENというCARATの声が流れます。本当のライブの様に演出されているので、ライブ感がより感じることが出来ました。もちろんお茶の間でコールしていました!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿

コンサートグッズのトレーナーとパーカーに着替えたメンバーが段差のあるステージに上から95line、96line、97,98,99lineと分かれ登場します。
『All MyLove』を優しい雰囲気で歌いあげました。ウジの目を閉じながら優しい顔で歌っている姿が印象的でした。
そして、メンバーが最後のMCを始めようとすると『Us,Again』が流れ不思議な顔をするメンバー達。すると、CARATの歌声が聞こえてきます。後ろには前回の「Ode to You」ツアーの時の13人の写真が映し出されCARATの歌声に何とも言えない表情で耳を傾けていました。ドギョムの目にはツーッと涙が流れていました。
ウォヌは「今の僕たちの状況にピッタリですね。感動しました。」と話してくれました。

ここから一人づつのコメントです。短めですが、コメントを13人分です!

ディノ「観客のいないところで、感想を言うのが初めてで照れます。(CARATの声を聴いた直後で涙声になり)泣くつもりはなかったのに、目を見つめ合いながら出来ず寂しいです。いつかまた会えると信じています。」
バーノン「ライブを準備しながら、ステージが満足に出来た分生でステージが見せられなくて残念でした。一日でも早く生でステージを見てほしいです。」
スングァン「去年の今頃は米ツアーをしていましたが、一年後にこんな状況になるとは想像がつかず状況を受け入れるのに僕もメンバーもとても辛かったです。CARATに会えるのが当たり前だと考えていたのが間違えだったと反省しました。日常を大切にしていきます。
ドギョム「Us,againのプレゼントをありがとうございます。CARATと一緒にいる気分でした。会えないことに慣れてしまったことが悲しいです。この状況でも頑張っているので、CARATもSEVENTEENを見て元気になって下さい。歌詞の様にまた会える日がくるよ。」
ミンギュ「昨日の夜考えました。もし、このライブ会場にCARATが来てくれたらと思ったら足の力が抜けるような感じだろうと思いました。それほど切に皆さんに会いたいです。当たり前だったけど今では夢の様なその日を待ちながら、健康でいてほしいです。」
ディエイト「CARATの歌を聞きながら客席を見ていました。本来皆さんが座っているはずの場所を。妙な気分です。現実は変えられないけど、この中で強くならないといけないですし、嬉しさをSEVENTEENを通して得てくれたら嬉しいです。みんな健康でいて下さい。」
ジュン「先ほどステージで歌っている時急に、以前がCARATが座っていた思い出が沢山浮かんできました。悲しいが、幸いにもオンラインでCARATにコンサートをお見せすることが出来てよかったです。この瞬間を大切にしながら生きていかないといけないと思います。みなさんに恩返しします。」
ホシ「去年、僕たちが多くの物を準備し会える日を指折り数えて待っていましたが、つらい時期がきてお見せできずこのように長い間CARATに会えなくなるとは思っていませんでした。ステージに立つことが人生の僕には辛い時間でした。このまま止まっていてはいけない、また会う時にはより良い姿を見せたいです。CARATありがとうございます。」
ウォヌ「音楽を始めて、そしてSEVENTEENになって幸せはライブでしたが直接お見せできないことにメンバーも僕にとっても悔しく辛い時期でした。当たり前ではない瞬間が来て、大切さをもう一度感じさせられた瞬間でした。CARATに会えるまで僕たちは一生懸命します。ありがとうございます。」
ウジ「CARATに会いに色んな所に行って公演して一緒に呼吸をする、それは僕たちの職業には当然なことだったのに悔しさだけが大きくなります。実際みんなが辛い状況ですよね、現実ですしね。変わらないことはCARATはいなくならなかったこと、そしてぼくたちも存在していること。必ず会える日がきます。もう少しでも頑張って、これ以上辛くならないように固く気持ちをもたないといけないと思います。雰囲気が落ちているので最後にウアヘー」
ジョシュア「今日ライブに立って1年前まではみなさんが僕たちの前にいたことを思い出したんです。悲しいけど、想像していました。家でも僕たちを一生懸命応援してくださって歌も歌ってくれて眼差しを想像しながらステージをしました。より元気がでました!大変な時に僕たちをみて元気を出してほしいです。このご時世で家族に会えない方々がいるなら、僕たちを通して元気を出してほしい。早く会いたいです。ホンランヘー」
ジョンハン「CARATのいないステージは初めは恥ずかしかったですが、ライブをしていたら楽しくなりました。ライブをしている間もこんなところではこう叫んでくれるのに。。みたいなことを自然と思いました。寂しかったが、今はこれが最善なので意味のある時間でした。早くまた会いたいです。いつも健康でいて下さい」
エスクプス「授賞式で言った事があると思いますが、去年1年間僕にとって沢山の経験をし沢山考えた1年でした。1つお伝えしたいのは誰かを応援し、好きになる気持ちはとても大切であり多くの意味が込められたものなのに、対象がアイドルというだけで否定的な反応を受ける時もあると思います。それをポジティブな物に変えていかなければならないのはSEVENTEENだと思います。もっと素敵なアイドル、成長するアイドルになれるよう、一生懸命準備しステージで残さず見せるSEVENTEENに、エスクプスになります。ありがとうございます。」

そして、ここから元気よく『My My』を歌います。メンバー同士でじゃれつく姿がとても可愛かったです。
中心から焚き火が出てきて『Campfire』へ。焚き火を囲むように座り、ゲーム?をしながら歌います。途中、スングァンに笑いながら抱き着いていたエスクプスが印象的でした。

幕が閉じたかたと思ったら、「Healingになったね!Healing?Healingーーーーー!」という声とともにSEVENTEENが走りながら再登場!『Healing』です。色々な表情をカメラに見せてくれ、円陣を組んでグルグルと回ったりとオフラインの時の様なセブチの姿を見ることが出来ました。

最後の最後まで手を振り、ハートを作りながらステージを駆け抜けたSEVENTEENオンラインライブでした。

スポンサードリンク

セブチのIN-COMPLETE(オンラインライブ)のグッズの再販は?

IN-COMPLETE(オンラインライブ)のグッズの再販ですが、1月25日(月)午前11時~2月1日(月)午後6時で再販されます!

販売先はWeverse Shop SEVENTEEN

19種のコンサート商品が購入できます!

再販は嬉しいですね。初回の販売では、アパレルグッズが早期売り切れになっていました。
スムーズに買い物するために、事前にWeverseの会員登録とPayPalや手元にクレジットカードを用意しておくことをおすすめします!

現時点で、HMVやロッピーで販売される予定は発表されていませんので確実に入手するにはWeverseShopで買うことをお勧めいたします。

追加情報です!1月25日にSEVENTEEN日本公式からIN-COMPLETEの一部商品の予約販売が決定しました。HMVやLoppiにて実施する予定だそうです。

詳細は後日発表とのことなので期待しましょう!

スポンサードリンク

セブチのIN-COMPLETE(オンラインライブ)の感想レビューまとめ

SEVENTEENにとって、初めてのオンラインライブとなったIN-COMPLETE。本人達も完成度の高いステージとなった。生でCARATに見せたいと事前にWeverseで書き込んでいた通り、曲のアレンジや新しい振付、ステージの構成など成長を遂げたSEVENTEENを見せてくれたと感じました。

オープニングからユニット毎に多様な面を見せ、迫力あるステージや妖艶な雰囲気、セブチらしいわちゃわちゃした雰囲気など今のSEVENTEENの魅力をぎゅっと濃く凝縮したオンラインライブ。
今出来うる限りの事をしてくれたSEVENTEENに自然と涙が出てきました。誰しもが、生のSEVENTEENに会いたいと強く願った事でしょう。

アンコールで出てきたSEVENTEENに流れた『Us,Again』CARATの声を聴いた彼らの顔は、驚きの表情から本当に優しい顔となり目の前にいないCARATの事を思い涙を流すメンバーもいました。

本当にSEVENTEENとCARATの関係性はお互いを思いあっていると感じます。

今回オンラインライブで直接私たちの歓声が届けられなかった事、ホシに『おーうじさまっ、おーうじさまっ』と掛け声をかけることが出来なかった事。残念に思うことも多いですが、最後のコメントでメンバーそれぞれが
CARATに会えることが当然だと当たり前だと思っていたが大切なものだったということをこの時期に学んだ
寂しい。悲しい。残念だ。ということを何度も言っていたのを聞いて、気持ちは一緒なんだなと強く思いました。

そんな中でもウジの言葉「大変な状況でも変わらないことは、CARATは消えていないこと。そして僕たちも消えていないということ。今は離れていますが、また会える日が必ず来ます。」は心に温かな風を吹かせてくれました。

最後はエンドレスアンコールのセブチらしく、『Healing』で自由にじゃれあいながらジャンプをし、CARATもジャンプして!と叫ぶステージはストレスを全て取っ払ってくれる楽しいステージで終わりました。
オンラインでも、まだ終わりじゃないのでは?と思ってしまうのはCARATあるあるですよね。

長いはずの3時間が本当にあっという間だったオンラインライブ

本当に幸せな時間でした。気持ちは生でステージを見ていました。また会える日を信じていつまでも応援し続けようと感じたライブでした。

最後に『Us,Again』です。音源化はされていませんが、Youtubeに日本語訳もありますので是非ご覧ください!

ポチッと応援お願いしますね。


K-POPランキング

関連記事
カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA