【skyキャッスル|韓国ドラマ】5話と6話のあらすじは?ヨムジョンアの出演ドラマは?

SKYキャッスル(韓国ドラマ)の5話6話ネタバレ
スポンサードリンク

韓国の学歴社会をおもむろに描き、話題となった韓国ドラマSKYキャッスル。初回の視聴率は1%台だったのにもかかわらず、最終回は20%台まで伸び韓国の有名芸能人たちの間でも話題となったというほどの大注目の韓国ドラマ。

今回はそんな韓国ドラマ『SKYキャッスル』の5話、6話のあらすじや感想、さらには主演のヨムジョンアさんの出演作なども紹介していきたいと思います!

ネタバレを含みますのでご注意ください。

字幕無しで韓ドラを見れるようになりたい
ハングルを読めるようになりたい

と思ったらこちらをクリック
>>>550円で韓国語をマスターできる方法とは?

韓国ドラマ「SKYキャッスル」の5話と6話のあらすじ(ネタバレ)は?

では、韓国ドラマ「SKYキャッスル」の5話からあらすじをご紹介しますね。

「SKYキャッスル」の5話のあらすじ(ネタバレ)は?

まず、「SKYキャッスル」の5話のあらすじです。

引っ越して間もないスイムは、家で本の整理をしつつ、自身が描いた絵本を懐かしそうに眺めているのでした。と、そこへチャイムがなります。SKYキャッスルで唯一優しく接してくれる、スンヘでした。

スンヘはスイムに「サンドイッチを作ったから、ピクニックをしましょう」と誘うのでした。

家の前の広い公園のような、美しい景色の中、2人はピクニックをしながら、様々な話をします。

スイムは、自分たちの前に住んでいた家族の母親が自殺をしたということが気になり、スンヘに聞きます。スンヘは「私にもわからない。あんな幸せそうだった人がなぜ、、」と言いますが、前日に夫婦喧嘩をしていたことを目撃したことを話し、

見えるものが、全てではないことがわかったんです。ここに住んでいる母親たちは私も含め、みんなそう。みんなよく見せようと、子供の教育に力を注いだり、必死なんです

と言います。スイムはその話を聞いて、昨日ソジンたちが腹を立てて帰った理由を悟るのでした。スイムは、息子にあれこれ指図さず、自由に自分の好きなように育てるスタイルでした。それにもかかわらず息子のウジュは、塾にも行かず、首席入学をしてしまうほど優秀だったため、SKYキャッスルの”教育ママ”たちから反感を買ったのでした。

SKYキャッスルの住人や教育の話が終わり、スンヘは、スイムの職業について聞きます。スイムが「まだ一冊しか出してないけど、一応童話作家です」と答えると、スンヘはSKYキャッスルで開かれている「読書討論会」に参加したらと提案するのでした。

この「読書討論会」とは、名ばかりで、大学入試のための「読書リスト作り」のために行われていたものだったのです。スンヘは、何事もはっきり言って、まっすぐなスイムに読書討論会に参加してもらうことで、この意味のない会をどうにかできないかと考えたのでした。

そんな中、ソジンは娘イェソの新しい入試コーディネーター探しに大忙しでした。しかし、キムジュヨンを超える先生はなかなか見つけらず、仕方なく、同級生とチームを組んで塾に入ろうと考えます。ソジンは、イェソの性格が嫌で拒否する同級生の母親の弱みに付け込んで、なんとかチームに入ろうとするのでした。

また、ジニもある意味大忙しでした。読書討論会にスイムが新しく入ることが気に入らず、ソジンにちくったり、スンヘに辞めさせるように伝えているのでした。

そして夜、ソジンはイェソの迎えに行きながら、チームで勉強をするのはどうかと話します。しかし、イェソはそのメンバーに一番嫌いなヘナという同級生がいることを知り、「それは絶対に嫌だ。すぐにキムジュヨン先生に電話して、もう一度きてもらって」と言うのでした。ソジンはそんなイェソに困り果てるのでした。

そして次の日。とうとう読書討論会の日です。

今回も普段通り、イェソの独壇討論会になっていました。主催者のミニョクは自分の考えとは違う意見を否定し、本来の”討論”の意味とは全く違う、自分の意見を押し付ける”洗脳会”のようになってしまっていたのです。

と、その時スイムが、ボソッと「これ、本当にコメディーだわ」と言ったのでした。そして、「討論会ではなく、あなたの意見を押し付けるだけの会ですね」「子供たちに競争心を植えつけ、トップになれと伝えるためにこの本を選んだんですよね」と指摘をするのでした。

ミニョクやソジン、ジニ、イェソはスイムへ反論します。そして、この読書会を存続させるかさせないかを、投票で決めることになったのでした。

翌日、イェソのスタディチームを組むために、ソジンは母親の集まりに参加します。しかし、ソジンが姿を表した瞬間、母親たちは「イェソとは組めない」と言い、出て行ってしまうのでした。

キムジュヨン先生を失い、読書討論会もなくなるかもしれない、そして、チームを組むのも困難な状態、、、ソジンはどうするのか、、

6話に続く

「SKYキャッスル」の6話のあらすじ(ネタバレ)は?

次は「SKYキャッスル」の6話のあらすじです。

ソジンが家に到着した時、家の前でスイムとイェソが言い合ってました。受験のスキルのひとつである読書討論会を無くそうとするスイムにイェソが文句を言っていたのでした。

ソジンはイェソを家の中に入るように言い、スイムに向かってイェソの代わりに怒りにいきます。しかし、スイムも「イェソは自分勝手で偏屈だ」「協調性がない、礼儀もない」と負けじと言い返すのでした。

2人はジリジリと言い争いをしますが、ついさっき、イェソの性格のせいで母親たちに嫌われていることを身にもって感じたソジンは、スイムのイェソに対する真っ当な指摘により腹を立てます。そして

口を引き裂くわよ

と、聞いたこともない悪いセリフを言います。そんなソジンにスイムははっとしたような表情を浮かべます。そして、

「あなた、やっぱりそうね」

と笑いながら言い、「娘さんを悪く行ってごめんね」と言いその場を後にするのでした。

ソジンはそんなスイムを見て、自分の正体がバレたのかと動揺するのでした。

家に帰ってからも落ち着かないソジンはいてもたってもいられず、スイムの家に行きます。

そこでスイムに「秘密にしてほしい」と開き直ったように頼みます。そして、「バラしたらたじゃおかない」と強気な態度をとります。

スイムはそんなそんなソジンに呆れてものが言えないのでした。

そんな中、ソジンは夫の衣服の中から、ヨンジェ家族の家族写真を見つけます。それは、ヨンジェの父親であるスチャンの病院の部屋に捨ててあったものでした。また、スチャンがヨンジェと縁を切りたがっていたなどの話も聞きます。夫の話を聞きながらソジンは、ヨンジェの家族がああなってしまったのは、キムジュヨン先生のせいではなく、家族の問題だったのだと思い始めるのです。そして、再びキムジュヨン先生にコーディネーターを頼もうと連絡するのでした。

そして翌日、読書討論会存続の投票が行われました。存続賛成側は、こっちが圧勝すると考えていました。しかし、結果はまさかの賛成4票、反対9票と圧倒的な差で反対派が勝ったのでした。

賛成派の人々は、それぞれ家で大変なことになっていました。イェソは、これからどうすればいいのと大泣きし、そんな姿をみたソジンも電話にも出てくれないキムジュヨンの気を直そうと、賄賂になるものを準備し始めます。

また主催者であったミニョクの双子の息子たちは、ミニョクが行う、密室で圧迫して勉強させる’地獄のスタディ’をさせられるのでした。

7話に続く

スポンサードリンク

韓国語を本当に550円で学べるの?韓国語は上達するの?
K Villageに通った感想と評判はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

K Villageはオンラインレッスンもあり!

韓国ドラマ「SKYキャッスル」の5話と6話の感想は?

こちらが感想です。

今回は、新しい住民のスイムがかなり本格的に動き出しました!今回の回で、スイムの好感度がかなりアップした方も多いのではないでしょうか?物語が進んでいくうちにスイムは、韓国の’競争社会’という点をビシバシ指摘して行きます。これからのスイムの活躍に期待大ですね!

そして、このスイム役を演じられているイテランさんは、スイムと同じように読書とかコーヒーがお好きみたいで、本当にスイムそっくりだなと思おいました。きっとスイムのように、優しくて素敵な方なんでしょうね。インスタを貼っておくので、よかったら見てみてください!

さらに、今回のソジンの正体がスイムにバレてしまいました。スイムがそれを言いふらすような人ではないと思いますが、この”姑と夫しか知らない秘密”がどこまで続くのか、またどんな事件を引き起こすのかがハラハラしますね。

次は、主人公であるヨムジョンアさんについて紹介して行きます。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「SKYキャッスル」のヨムジョンアのプロフィールと出演ドラマは?

今回は、主人公の「超教育ママ」、ソジンを演じるヨムジョンアさんについて紹介していきたいと思います!まずはプロフィールです。

名前ヨムジョンア
生年月日1972年7月28日
身長172㎝
血液型A型
学歴中央大学
所属事務所Artist Company

ヨムジョンアさんは、中学生の頃から女優を目指していたらしく、韓国で行われるミスコンのような大会、「ミスコリア」で二番目の賞を受賞し、1991年に芸能界に入ったとのことです。

続いて出演ドラマです。

1992年 われらの天国

2000-2002 太祖王建

2001年 純情

2004年 愛してると云って

2008年 ワーキングママ〜愛の方程式〜

2011年 ロイヤルファミリー

2012-2013 わが愛しの蝶々夫人

2013年 隣人の妻

2016年 魔女宝鑑

2018-2019年 SKYキャッスル

このように様々なドラマに出演されてきたジョンアさんですが、今回紹介しているドラマでもある「SKYキャッスル」は、ジョンアさんのクールビューティーなお顔にソジンの役がドンピシャで当てはまっていて、世間からの評価もとてもよかったそうです。

ジョンアさんは、残念ながらインスタグラムはやってないそうなのですが、所属事務所のインスタグラムにはちょくちょく写真が上がっています。↓

是非チェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

 

Push7

Push7
無料
posted withアプリーチ

韓国ドラマ「SKYキャッスル」の5話と6話まとめ

今回は「SKYキャッスル」の5.6話について紹介していきました。

果たしてキムジュヨン先生は、再びイェソのコーデとなってくれるのか?次回もとってもハラハラしそうな内容ですね。7.8話も楽しみにして行きましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

画像出典:https://blog.naver.com/https://blog.naver.com/

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA