スタートアップの15話のネタバレと感想は?全話視聴率と韓国の評価は?

スタートアップ(韓国ドラマ)の16話のネタバレ
スポンサードリンク

ドサンがチョンミョンカンパニーに合流し、14話が終わりました。

彼らが描く夢の旅がどのように終わるのか気になりますね。

それではこれから韓国ドラマスタートアップの15話のあらすじ(ネタバレ含み)、視聴後の感想を書いていきます。

続いて、全話視聴率と韓国での評価を調べてみたので、ぜひ見てみてください。

スタートアップの各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地
動画視聴法

韓国ドラマ「スタートアップ」の15話のあらすじ(ネタバレ)は?

ではまず、韓国ドラマ「スタートアップ」の概要と15話のあらすじ(ネタバレ)を紹介しますね。

作品名(邦題)スタートアップ
原題(韓国)start up
스타트 업
韓国放送日2020年10月17日
韓国放送局tvN
話数16話

チョンミョンカンパニーは優れたアルゴリズムに基づき、ターザンの自動走行臨時免許テストを無事終了します。

드라마 스타트업 15회 줄거리 : 네이버 블로그 (naver.com)


臨時免許の取得に成功すると、インジェ(カン·ハンナ)はドゥジョン(オム·ヒョソプ)、サンス(ムン·ドンヒョク)親子とスマートシティ自律走行プラットフォームの入札で競争するため、ダルミ(ぺ·スジ)に提案をします。

しかし、ダルミは”そんなに勝ちたいの?”と言って、「それは無謀だ」と反対しました。


ちょうどチョンホ(チャン·セヒョン)が見せてくれたタロットカードアプリではタワーカードが出てきて、塔を崩さないように警告するんです。

だが、ドサン(ナム·ジュヒョク)はダルミに「タロットカードなんか迷信だ」と言って、無視しろと言います。


その後、ダルミはジピョン(キム·ソンホ)を訪ね、DKスマートシティの入札に勝算があるか尋ねます。

ダルミの質問にジピョンは入札される確率は全くないときっぱりと答えました。


一緒にエレベーターに乗ることになったドサン、ジピョン、ダルミ。

ドサンとジピョンは地図のない航海に触れながら言い争います。

また、ダミはドサンとジピョンの間で葛藤を始めます。

드라마 스타트업 15회 줄거리 : 네이버 블로그 (naver.com)


一方、サハ(ステファニー·リー)はチョルサン(ユ·スビン)がブイログに掲載した自律走行臨時免許の映像に、女たちの’可愛い’という書き込みが多く掲載されたのを見て、嫉妬をします。

そして、コピーしていたチョルサンに二つお願いがあると言います。そして、ブイログをやめることと社内で恋愛をバレないことを要求しました。

続いてサハは戸惑うチョルサンにキスをします。

そうやってこの二人の秘密の社内恋愛を始めます。


ジピョンはドサンに”かつてダルミが送った手紙を返してくれ”と言います。

すると、ドサンはダルミがプレゼントした金銭木を返してほしいと対抗し、二人が交換することにします。


しかし、家に帰って手紙を読んでいたドサンは気が変わって返そうとしません。

それでジピョンはドサンの家まで訪ねてきます。

ジピョンはドサンの父ソンファン(キム·ウォンヘ)とドサン3人で酒を飲んで酔って、そのまま眠りにつきます。


翌朝。

ドサンが自分のための煮豆まで用意する姿を見たジピョンはドサンに“自分に対する劣等感を拭い、自尊心を引き上げてダルミをもう一度見て。 そしたらすぐ分かるだろう。 ダルミが誰が好きなのか。 あなたその手一つで思い出に勝てたよ”と言います。

そう言ったジピョンは手紙と金銭木すべてを取りまとめて「これで十分」だと話します。


その後、ドサンはダルミを訪れます。

ドサンはダルミに“僕はあなたの初恋でもないし、手紙も書かず、あなたをだまして傷つけしまった、あなたが僕のことを好きになる理由が一つもないのに、やっと手一つなのにどうして私が好きなの?”と聞きます。

するとダルミは「なぜがどこにいるんだ。 人が好きなのに何故はない。 あなただから。 あなたが理由だ。 それで全部だよ」と答えます。


ダルミの話を聞いたドサンはダルミにキスをします。

そうしてダルミとドサンはまた恋人になり、入札に参加することにしました。


一方、トゥジョンはインジェが離縁申請をしたことに憤り、息子サンスに記者の名刺を渡します。


サンスはその記者にチョンミョンカンパニーがランサムウェアにやられたという情報を流し、自動運転の信頼度を損ねろうとします。

その結果、チョンミョンカンパニーは埋蔵される危機に直面します。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の15話の感想は?

こちらが韓国ドラマ「スタートアップ」の15話の感想になります。

15話を見た後、決まった男主人公は絶対に変わらないという事実を知りました。

もちろんドサン、ダルミカップルを応援していた私だったが、手紙と金銭木だけを取りまとめて未練なく引き下がるジピョンを見ると、とても可哀想に見えました。

ドサンを慰めてあげて、 助言をする立場じゃないのに···。


他の方の感想も紹介しますね。

最終回(16話)が気になっている方も多いと思いますが、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の最終話(16話)のあらすじ予想は?

韓国ドラマ「スタートアップ」の最終話(16話)ですが

スタートアップを狙撃することで有名な悪質な記者にかかったチョンミョンカンパニー。

ドサンとダルミは果たしてこの危機を乗り越えて入札に成功できるでしょうか?

予告編でジピョンはは入札の前にダルミに”あなたの手紙のためにたくさん慰められた”と言います。

そして、ウォンドクはジピョンを抱いて、 「どこに行ったの」と探します。

結局、チョンミョンカンパニーが入札に成功し、ドサンがダルミにプロポーズすることになると思います。


さて、韓国ドラマ「スタートアップ」ですが、韓国での全話視聴率をまとめてみました。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の全話視聴率は?

こちらが韓国での『スタートアップ』全話視聴率です。

↓視聴率一覧

1話1部 4.278%
2部 4.495%
2話1部 4.208%
2部 4.361%
3話1部 4.789%
2部 4.468%
4話1部 4.334%
2部 5.010%
5話1部 4.274%
2部 5.424%
6話1部 4.136%
2部 4.741%
7話1部 4.521%
2部 5.056%
8話1部 3.821%
2部 4.544%
9話1部 4.879%
2部 5.145%
10話1部 3.954%
2部 4.352%
11話1部 4.130%
2部 4.799%
12話1部 4.270%
2部 5.079%
13話1部 4.666%
2部 5.151%
14話1部 
2部 
15話1部 
2部 
16話1部 
2部 

1話の視聴率4.5%以降、平均4%~5%の視聴率を記録しています。

普通土曜日には5%日曜日には4%台を記録しました。

現在までは5話の視聴率が一番高いですね。

ここでこの『スタートアップ』の韓国での評価を確認してみました。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の韓国での評価は?

韓国ドラマ『スタートアップ』の韓国での評価はこのような内容ですね。

和訳

 姉妹関係というソ・ダルミとウォン·インジェがなぜ苗字が変わったのかについて、1~2回にわたってすべて解いた。 数回にわたって少しずつ解いていたら、もう少し興味津々にストーリーを進めることができた点は残念だ。だが、そうでなくてももどかしい展開がさらに息苦しくなるという見方もある。

 主人公のナム・ドサンよりサブ主演のハン·ジピョンの方が主人公のようだという評価が多い。過去史から見ても行跡から見ても、ジピョンがドサンよりも比重が大きい。7話も過ぎたのに、ナム・ドサンは他の主演たちに比べて過去史が出たことがほとんどない。 ナム・ドサンの子役もかなり有名な俳優だが、他の主演たちの子役たちは1話から演技の実力を誇ったのに対し、写真やテレビだけで登場しているため、未だに台詞がない。

 一方、同じサブ主演のウォン·インジェは4話まで父親のトゥジョンのモーニンググループを出た後、本人のスタートアップであるインジェカンパニーを設立して以来、分量がかなり少なくなった。 たまにソ·ダルミの前に現れ、コンプレックスを刺激したり、姉として助言をする役割ぐらいだけを見せている。 事実上、珍主人公扱いされているハン·ジピョンだけでなく、ナム·ドサンと比べても比重は低い方だ。 ただ、サンドボックスデモデーの日程を考慮すれば、サムサンテックのライバル会社として、ウォン·インジェやインジェカンパニーの割合が増える可能性もあり、さらに見守らなければならない。

 しかし、本ドラマはメインカップルの成長敍事が主であるストーリーで、ソ·ダルミに対比される良い条件のお姉さんウォン·インジェがライバルとして存在するように、ハン·ジピョン、ナム·ドサンのライバルとして存在するために比重を大きく与えたと見なければならない。 実際、ドラマの中でナム·ドサンはハン·ジピョンを越えるべき山と考え始めている。 さらにサブナ男主人公として感情線まで与えられると、メイン男主人公であるナム·ドサンより、さらにはソ·ダルミよりも叙事がはるかに豊かになってしまったのだ。

 1話からきちんと敍事が積み上げられてきたキャラクターは、他でもないハン·ジピョンだ。 お婆さんとの関係性でソ·ダルミよりもハン·ジピョンが優位を占め、このような問題を6話の最後のシーンに対する視聴者の反応からソ·ダルミよりもハン·ジピョンに移入して心配する視聴者の反応から分かる。 このように、視聴者らは地道に積み上げてきた’ハン·ジピョン’という人物に移入しながら視聴せざるを得ない。 またユーチューブやネイバーにアップロードされるほとんどのクリップ映像のタイトルからも「キム·ソンホxベスxナム·ジュヒョク」のように名前の順番からサブキャラクターを引き受けた俳優が前に位置することで男主人公は軽く埋もれてしまう。

 回次が進むほど、ナム·ドサンがソ·ダルミと共に成長し、メインカップルだけの敍事が積もり、ウォン·インジェ作中の比重が増えるなら、このような憂慮が払拭される恐れがあるので、もう少し見守る必要がある。 背景が2016年なので、もしかするとドリームハイのようにハン·ジピョンの叙事を先に書いて、後に現時点にジャンプしてナム·ドサンの本格的な叙事が始まるかもしれない。

 後ろへ行くほどストーリーが山に向かうという評価が支配的だ。 いきなりキム·ヨンサンは復讐心に燃えるキャラクターに変わり、彼の兄はデモの時、ハン·ジピョンに酷評を受けて自殺したという反転(?)を見せるが、普通、地べたにヘディングするやり方で始めるのが日常茶飯事のスタートアップ代表がそのような理由で自殺したというのは説得力に欠ける。 ただ、両親に内緒で大学院を退学した後、事業を起こしたが、失敗し、両親に会う面目がなく、自殺したなら、ある程度は酌量になる。

和訳

 さらに、サムサンテックがアレックスの手管で2STOに買収され解体された原因をハン·ジピョンのせいにする態度にも問題がある。 アレックスを見ると、スタートアップメンターを口実にした典型的な技術ハンターであるにもかかわらず、最初から契約書をまともに確認せず、30億という金額に目がくらみ、まともに状況を把握できなかったのはサムサンテックであり、これに気づいて契約をホールドしようとするハン·ジピョンを防いだのもサムサンテック、特にキム·ヨンサンだ。 サムサンテックはハン·ジピョンを非難し、その理由として”ハン·ジピョンが厳しい言葉で私たちの行く手をいつも阻んできたからだ”と声を荒げているが、視聴者の立場ではむしろ居直りとしか言いようがない。 さらに、現在の状況を率直に評価してほしいという要請に率直な評価をしたにもかかわらず、ナム·ドサンは目を見開いては突然そんなハン·ジピョンに暴行を加える。 腹が立つと編み物をするというナム·ドサンの性格とも相反し、甚だしくは先に殴った後、おばあさんの状況に触れて”助けてくれ”と頼む姿に、多くの人が”友達は菩薩と言う”と言ったナム·ドサンのキャラクターが実は’怒りの調節障害′ではないかと疑っている。

 究極的にサムサンテックとはハン·ジピョンが客観的にサムサンテックを評価したことを楚と判断し、ハン·ジピョンの助けを受けたことは考えず、感謝の気持ちは全く感じない。 並大抵のことではない以上、最初からメンターを殴るのが話になる展開なのか、メインカップルの成長叙事のためにハン·ジピョンのキャラクターをあまりにも強引に悪意を持って犠牲させているという評価だ。

 デモデーが終わったにも関わらず、ウォン·インジェの分量が増えるどころか、いきなりソ·ダルミの叙事を盗用したと主張し、また、サムサンテックの解散後、ソ·ダルミがインジェカンパニーに合流するというストーリーも、蓋然性は足りない。 2人の姉妹が和解どころか、まだ子供の頃のことで争う仲なのに、どうやって2人を結者解之させるかは見守るべきくだりだ。

 『スタートアップ』はネットフリックスで同時放映中で、オンライン動画サービスランキングチャートを提供するフリークスパトロールによると、ネットフリックスワールドTVショーランキングで韓国だけでなく全世界でも日刊TOP10に名を連ね、好評を得ている。

 スジを利用したファッションブランドのPPLが行き過ぎとの指摘がある。 作中で様々なアルバイトを転々としながらも大学の授業料を払えない′土のスプーン′として描かれているが、羽織る服や小物は全てブランド品だ。 特に、3話のパーティーシーンで、収支が持ってきた600万ウォン近くもするディオールのブランドバックは没入度を落とし、キャラクターを崩壊させるという批判を受けた。

和訳

ドサン、ダルミ本体の顔がすごくきれいでいいんだけど
キャラクターがすごく残念なんだ。二人ともwww
ダルミはなんかカフェで売上更新をやり遂げたあの感じがなくなって
成長ドラマなのに成長することもあまり分からない
ドサンは性格があまりにも火のように変わって
指を差したり、名札を放り投げたりするのだけ思い出す。
キャラクターがちゃんとできている人たちは
チョルサン、ジピョン、インジェ程度ではないか
ダルミのお母さんも正直共感できないし

和訳

ジュヒョク君は長い髪が可愛いのに… 演出、すごく恥ずかしい···。
いや、映像美はすごくいいんだけど演出がすごくダサくて恥ずかしい。

和訳

スタートアップ8話後期ドサンダルミキスシーンをくれた理由があったんだ。でも私の基準で7、8話が一番面白かった。 絡んでしまった手紙叙事をどう解くかが一番心配だ。 本当のハン·ジピョンとソ·ダルミ関係もどう整理してナム·ドサンがどう成長するのか… でもベ·スジの演技本当に狂い… 実はベ·スジのナム·ジュヒョク演技成長ドラマみたいでも

スタートアップの各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地
動画視聴法

韓国ドラマ「スタートアップ」の15話まとめ

15話の最後の場面で電話に出るジピョンが急いで駆けつけていました。

果たしてジピョンは記事が広まる前に阻止できるでしょうか?

結局、ダルミはジピョンではなくドサンを選びましたね。

もう最終回だけが残っている状況で、 ドラマがどんな締めくくりになるか楽しみです!

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA